インプラント治療は、まず何が大切かというと、どのようにして歯科医と歯科医院を決めるかです。一般的な歯科治療の腕だけでなく、特殊な技術をもとめられるのでいろいろな症例を診てきた経験を持つ歯科医の診療をうけるようにして下さい。それは持ちろんのこと、どの治療にどれだけ費用がかかるかちゃんと説明してくれる、院内感染防止のための方策を打ち出し、徹底している歯やあごの現状、治療についていつでもちゃんと説明してくれるなどが後悔しない歯科医選びの決め手となるでしょう。
安易にインプラント治療を始めることはお奨めしません。
インプラント以外の治療はできないという方にすすめられる治療なのです。

周りの歯が、クラウンやブリッジの支えにはならない、義歯では力が入らない、噛み合わせが良くないなどの訳でインプラント治療を選ぶしかない患者さんが多いでしょう。インプラントと入れ歯がどうちがうかというと、インプラントは噛み心地は自分の歯に近くご飯に食べ応えが感じられ、美味しく食べられます。

忘れてはいけないこととして、インプラント治療を始める前にあごの骨が治療に耐えられるかどうか調べてください。既往症に歯周病、顎関節症(歯を食いしばる、歯軋りをする、ストレスが溜まっている、左右均等に噛んでいない、体の使いグセによる体の歪み、噛みあわせ、外傷などが原因だといわれています)があるとすれば、治療開始前にそちらの病気を完全に治す問題が生じます。

さらに、美容整形をうけてあごの骨を削った患者さんもインプラント治療のリスクが増大します。今は、このような病歴があるからといって治療の可能性はゼロにはならないのでまずは歯科医に全て話しておきましょう。インプラント治療を始める前に治療にかかる費用は気がかりでしょう。
実際のところ、費用の総額は地域や、歯科医によって相当な開きがあります。
この治療はほとんど保険が適用されず、自由診療のため費用設定は歯科医院に完全に任されています。

それでも、どの歯科医院でも同じような材料や薬剤を使っているので、相場がだいたい決まってきます。

インプラントが欠損歯一本分とすれば、30万円ないしは50万円くらいというのが一般的です。ブリッジや入れ歯にくらべ、インプラントでは噛んだ感じが自分の歯に近く、自分の歯のように安心してガムを噛めるのもこの治療の良さでもあります。自分の歯の上から人工歯をかぶせたブリッジや入れ歯と異なり、歯根をあごの骨にしっかり埋め込んでいるので歯が取れるのではと心配する必要はありません。
人工歯の歯根と義歯は、ガムをいくら噛んでも取れないくらいしっかりした構造になっています。
持ちろん、キシリトールガムも大丈夫です。ご存じの通り、インプラント治療は保険適用になることはまずありません。
全額自己負担が普通ですが、しかし、医療費控除の対象ではあります。

確定申告することで初めて、医療費控除の対象になり収入から医療費を控除されます。確定申告で医療費控除をうけたい場合、歯科医を利用し立ときに必ずもらう領収書がお金を払った証明になるのでなくしたり、レシートの印字が消えたりという間違いがないよう暦年で申告することになるので、保管しておいてください。手術によってインプラントを埋め込んだ後は極力安静を保って過ごすように努めましょう。
普段よりも静かに過ごすようにして明らかに負荷がかかるレベルの運動はしばらくの間は控えましょう。血行が良くなることで、出血がおさまらなくなることもあります。
負荷のかかる運動を日常的に行っている場合、いつから再開して良いか、歯科医と確認しておきましょう。
入れ歯で食べることに抵抗がある、または入れ歯そのものに抵抗感があるという方にインプラントは最適です。インプラント体と呼ばれる人工歯根の埋入手術をして、そこへ人工歯をつけるため、おおむね保険適用外となり、治療費は高額ですが入れ歯よりも周りにわかりにくく、噛んだ感じも自分の歯に近くなるでしょう。

見た目が気になる、あるいは自分の歯と同じような使用感を追いもとめるならば、インプラント治療を選ぶべきです。